パソコン・インターネット

2010年7月15日 (木)

(バッチファイル)バッチファイルでOSバージョンの判定

Windows Vista以降は未確認

echo %userprofile%
for /f "tokens=1-3" %%i in ('ver') do set os=%%k
echo %os%
pause

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

(windowsコマンド)ネットワーク設定ダンプ

ダンプ:netsh -c interface ip dump > org.nsh

復元:netsh -f org.nsh

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

(バッチファイル)コマンド文の1行が長すぎる場合に2行に分ける

行の末端に^をつける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

(バッチファイル)コマンドの実行結果により分岐

SET HotFixPath="HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Hotfix"

reg query %HotFixPath% | find "KB893803" || .\WXP-99\WindowsInstaller-KB893803-v2-x86.exe /passive /norestart /nobackup

|| ・・・ コマンドが失敗した場合に||移行の処理を実施
&& ・・・ コマンドが成功した場合に&&移行の処理を実施

<処理内容解説>
1.レジストリの
  HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Hotfix
  をリストアップ

2.リストアップした結果より"KB893803"を含む行を検索

3.1行も一致しなかった場合はWindowsInstaller-KB893803-v2-x86.exeを起動

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(バッチファイル)キーボードより入力した結果を表示

SET /P X=
ECHO %X%

で表示することが出来る。

CLS
@ECHO OFF
ECHO キーボードより入力してください
SET /P X=:<NUL
SET /P Y=
ECHO %Y%

とすると

----------------------------------------------------
キーボードより入力してください
:

----------------------------------------------------
と表示され

----------------------------------------------------
キーボードより入力してください
:あいうえお
あいうえお

----------------------------------------------------
というような実行結果となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

UNCパスはサポートされませんの回避方法(ネットワーク上でバッチファイルを起動する方法)

Nas01等のNAS上にバッチファイルを置き、起動したとき、
UNCパスはサポートされませんと表示され、正常に動かない場合。
以下2つの回避方法がある。

1.ネットワークドライブに割り当てて起動する。

2.pushd(一時的にネットワークドライブに割り当てる)、popd(一時的に割り当てたネットワークドライブを切断)

  例.pushd \\nas01\q\test
    mkdir %COMPUTERNAME%

    ※popdを使用しなくても、バッチ処理が終了するとネットワークドライブは切断される。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年6月30日 (水)

LaTeX 表のセル内で改行する

\begin{tabular}{|c|・・・|c|}
  ・・・ & \shortstack{ 1行目 \\ 2行目 \\ 3行目} & ・・・
\end{tabular}

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

LaTeX 記号 ゆえに、なぜならば

記号 ∴の作り方。

\def\since{%
\setlength{\unitlength}{1pt}%
\thinlines %
\begin{picture}(12,12)%
\put(0 ,8){.}
\put(5 , 0){.}
\put(10,8){.}
\end{picture}%
}%

\def\therefore{%
\setlength{\unitlength}{1pt}%
\thinlines %
\begin{picture}(12,12)%
\put(0, 0){.}
\put(5, 8){.}
\put(10,0){.}
\end{picture}%
}%

引用元: http://mailsrv.nara-edu.ac.jp/~asait/latex/tex_introduction.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

LaTeX 複数行をコメントアウト

複数行をコメントアウトする方法はいくつかありますが、方法がよいようです。

\usepackage{comment}

...

\begin{comment}
AAAAA
.....
ZZZZZ
\end{comment}

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

(LaTeX) スタイルファイルの追加方法

LaTexにスタイルファイルを追加する方法。

当環境
pLaTex ver.3.x.x。ubuntu10.04。

1. スタイルファイルを置く場所を調べる。

スタイルファイルの置き場所は
/etc/texmf/texmf.cnf
を参照

TEXMFLOCAL = /usr/local/share/texmf
~~(中略)~~
TEXMF = {$TEXMFCONFIG,$TEXMFVAR,$TEXMFHOME,$TEXMFSYSCONFIG,!!$TEXMFSYSVAR,!!$TEX
MFLOCAL,!!$TEXMFMAIN,!!$TEXMFDIST}
~~(中略)~~
TEXINPUTS.platex = .;$TEXMF/{ptex,tex}/{platex,latex,generic,}//

となっているので、
/usr/local/share/texmf/ptex/platex/
ディレクトリにstyファイルを置いた。

2. ls-Rを更新

#mktexlsrコマンドを実行

\usepackage{@@@@}
と指定すると使用できるようになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧