« マインドマップメモ | トップページ | (バッチファイル)キーボードより入力した結果を表示 »

2010年7月11日 (日)

UNCパスはサポートされませんの回避方法(ネットワーク上でバッチファイルを起動する方法)

Nas01等のNAS上にバッチファイルを置き、起動したとき、
UNCパスはサポートされませんと表示され、正常に動かない場合。
以下2つの回避方法がある。

1.ネットワークドライブに割り当てて起動する。

2.pushd(一時的にネットワークドライブに割り当てる)、popd(一時的に割り当てたネットワークドライブを切断)

  例.pushd \\nas01\q\test
    mkdir %COMPUTERNAME%

    ※popdを使用しなくても、バッチ処理が終了するとネットワークドライブは切断される。

|

« マインドマップメモ | トップページ | (バッチファイル)キーボードより入力した結果を表示 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

pushd %~dp0

投稿: | 2010年7月12日 (月) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103833/35699218

この記事へのトラックバック一覧です: UNCパスはサポートされませんの回避方法(ネットワーク上でバッチファイルを起動する方法):

« マインドマップメモ | トップページ | (バッチファイル)キーボードより入力した結果を表示 »