« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

LaTeX 表のセル内で改行する

\begin{tabular}{|c|・・・|c|}
  ・・・ & \shortstack{ 1行目 \\ 2行目 \\ 3行目} & ・・・
\end{tabular}

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

LaTeX 記号 ゆえに、なぜならば

記号 ∴の作り方。

\def\since{%
\setlength{\unitlength}{1pt}%
\thinlines %
\begin{picture}(12,12)%
\put(0 ,8){.}
\put(5 , 0){.}
\put(10,8){.}
\end{picture}%
}%

\def\therefore{%
\setlength{\unitlength}{1pt}%
\thinlines %
\begin{picture}(12,12)%
\put(0, 0){.}
\put(5, 8){.}
\put(10,0){.}
\end{picture}%
}%

引用元: http://mailsrv.nara-edu.ac.jp/~asait/latex/tex_introduction.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月27日 (日)

LaTeX 複数行をコメントアウト

複数行をコメントアウトする方法はいくつかありますが、方法がよいようです。

\usepackage{comment}

...

\begin{comment}
AAAAA
.....
ZZZZZ
\end{comment}

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

丸数字の enumerate

enumerate の数字を丸数字にする.
そのままでは数字がはみ出すので小さなフォントを使う.

\usepackage{enumerate}
\def\circledenumerate#1{\textcircled{\scriptsize #1}}

\begin{document}
  \begin{enumerate}[\expandafter \circledenumerate 1]
    \item hoge
    \item fuga
  \end{enumerate}
\end{document}

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-PaloAlto/5936/customize/software_report_memo.html#enumerate

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

(LaTeX) スタイルファイルの追加方法

LaTexにスタイルファイルを追加する方法。

当環境
pLaTex ver.3.x.x。ubuntu10.04。

1. スタイルファイルを置く場所を調べる。

スタイルファイルの置き場所は
/etc/texmf/texmf.cnf
を参照

TEXMFLOCAL = /usr/local/share/texmf
~~(中略)~~
TEXMF = {$TEXMFCONFIG,$TEXMFVAR,$TEXMFHOME,$TEXMFSYSCONFIG,!!$TEXMFSYSVAR,!!$TEX
MFLOCAL,!!$TEXMFMAIN,!!$TEXMFDIST}
~~(中略)~~
TEXINPUTS.platex = .;$TEXMF/{ptex,tex}/{platex,latex,generic,}//

となっているので、
/usr/local/share/texmf/ptex/platex/
ディレクトリにstyファイルを置いた。

2. ls-Rを更新

#mktexlsrコマンドを実行

\usepackage{@@@@}
と指定すると使用できるようになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月23日 (水)

(LaTex) 表の罫線を太くする方法

LaTexで表の罫線を太くする方法を調べてみた。
全体を太くする方法は直ぐ見つかるものの、一部を太くするのはなかなか見つからなかった。
次の3つをメモしておく。
なおすべてarray.styが必要となるので、
プリアンブルで\usepackage{array}を記述しておくこと。

・横線全体を太くする。
\newcommand{\bhline}[1]{\noalign{\hrule height #1}}   

tabular内で
bhline{2pt}
と記述。

・縦線全体を太くする。
\newcolumntype{I}{!{\vrule width 1.5pt}}

\begin{tabular}{|cIc|} % 分かりにくいがCとCの間のみI(アイ)

こうすると真ん中の縦線のみ太くなる

・横線の一部を太くする。
\newlength\savedwidth
\newcommand{\wcline}[1]{\noalign{\global\savedwidth\arrayrulewidth\global\arrayrulewidth 2pt} \cline{#1}
\noalign{\global\arrayrulewidth\savedwidth}}

tabular内で
\wcline{1-3}\cline{4-5}
とすると1から3列目までは太線。4から5列目までは通常の線となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月21日 (月)

(LaTeX) 図表を強制的に現在の位置に置く here.sty

LaTexで図表を配置していると次のページにいってしまったり、思ったように配置されない場合がある。
そのときに現在の位置に強制配置するにはhere.styというスタイルファイルを使用するとよい。

使用方法は次の通りでtableのオプションをHにする。

\documentstyle[a4j,here]{jarticle}

\begin{table}[H]
\begin{center}
\begin{tabular}{|c|c|c|}\hline
1 & 2 & 3 \\ \hline
4 & 5 & 6 & \\ \hline
\end{tabular}
\end{center}
\end{table}

参考URL:http://plaza.harmonix.ne.jp/~tama-h/styleman/here.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月20日 (日)

Windowsレジストリハイブについてのメモ

パソコンが壊れたときに、レジストリ関係を復元しようとしてあれこれいじっていた時に調べた断片メモです。

Windowsは、レジストリ情報をレジストリハイブというかたちでファイルとして保管している。

Windows OS(Windows 9x、Windows NT、Windows 2000、Windows CE)が各種のシステム設定などを記録するレジストリにおいて、ある特定の情報に関するレジストリのセクションを指すもの。レジストリでは、各種の情報がキー、サブキー、値と階層的に管理されている。ハイブは、ハードウェア設定やソフトウェア設定、セキュリティ設定など、レジストリに保存される情報のうち、特定分野に関する一連の情報を識別するセクションを意味する。「hive」は「ミツバチの巣箱」という意味で、情報を格納する各レジストリセクションが、あたかもハチの巣のようであることに因んでマイクロソフトのプログラマがこのように命名した。

(Windows 2000の場合)。

 「HKEY_LOCAL_MACHINE\SAM」ハイブ→Sam、Sam.log、Sam.savファイル

 「HKEY_LOCAL_MACHINE\Security」ハイブ→Security、Security.log、Security.savファイル

 「HKEY_LOCAL_MACHINE\Software」ハイブ→Software、Software.log、Software.savファイル

 「HKEY_LOCAL_MACHINE\System」ハイブ→System、System.alt、System.log、System.savファイル

 「HKEY_CURRENT_CONFIG 」ハイブ→System、System.alt、System.log、System.savファイル

 「HKEY_USERS\.DEFAULT」ハイブ→Default、Default.log、Default.savファイル

特定のハイブとは無関係のファイル→Userdiff、Userdiff.logファイル

 「HKEY_CURRENT_USER」ハイブ→Ntuser.dat、Ntuser.dat.logファイル

 このうちデフォルトでは、HKEY_CURENT_USERを除くすべてのハイブは%systemroot%\System32\Config フォルダに格納される。%systemroot%Profeils\<ユーザー名>のフォルダには、そのコンピュータの各ユーザーに関するプロファイルが格納される。

引用元URL: http://www.atmarkit.co.jp/icd/root/82/63063482.html

ハイブが保存されている場所

    Windows2000/XPの場合、システム関係のハイブは以下の場所に格納されています。

    [%SYSTEMROOT%\system32\config\]

    (一般のWindowsXPマシンでは[C:\WINDOWS\system32\config]フォルダとなります。[%SYSTEMROOT%]は環境変数です)

    またユーザー関係のハイブは各ユーザーフォルダに格納されている以下のファイルです。

    [%USERPROFILE%\%USERNAME%\NTUSER.DAT]

    (一般のWindowsXPマシンでは[C:\Documents and Settings\ユーザー名\NTUSER.DAT]ファイルです。[%USERPROFILE%]と[%USERNAME%]は環境変数です)

引用元: http://www.dr-pc.jp/reg2-23.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月19日 (土)

朝イチでメールは読むな!を読んで

            酒巻 久著 『仕事ができる人に変わる41の習慣 朝イチでメールは読むな!』 朝日新聞出版 2010年

仕事ができる人に変わる41の習慣 朝イチでメールは読むな! (朝日新書)

      
仕事ができる人に変わる41の習慣 朝イチでメールは読むな! (朝日新書)

著者:酒巻 久

仕事ができる人に変わる41の習慣 朝イチでメールは読むな! (朝日新書)

・阪急グループ創業者・小林一 三氏の言葉「下足番を命じられたら,日本一の下足番になってみろ。そうしたら誰も君を下足番にしておかぬ」
 (以前から思っていたことと同じだ。 能力がある人を世間は放っておかないだろう。今の位置にいるには自分の能力がそこの位置にあるからだ。)

・通勤電車での準備と反省の習 慣。 朝仕事の段取りのイメージトレーニングをして、出来なかったところは帰りに反省する。
 (これは似たようなことを実行している。)

・ いい残業は自分の失敗を取り返すために作業をやり直すとか、締切前で残業せざるを得ないケースなど。
 悪い残業は本来就業時間内に終わるはずの仕 事が、ダラダラ働いているものだから片a付かず結果的に残業になってしまうケース。
 (段取りよく仕事をすれば残業ってほとんどしなくて済むはず だ。明らかに毎日残業が多いのなら、人が足りないか、能力がたりないかのどちらかだろう。
 もちろん、締切前に間に合わせるための残業は必要かも しれないが。)

・出社してすぐにメールを開いてしまうと、せっかくの朝の頭が冴えている時間をメール処理に追われてしまう。
 本 当に急ぎの用事なら電話がかかってくるはずだから、朝一でメールを読む必要葉はない。
 (システムエラーなどの緊急メール以外は、この考えを取り 入れたい。また、朝の頭の冴えている時間を30分ぐらいアイデアや仕事のやりかたについて考える時間にしてもいいかも)

・電話一本かけれ ば済むような用事なのにメールで時間を費やしている人が多い。
 「一に面談,二に電話,仕方がないから三にメール」
 (耳が痛い)

・ 相手の立場に立って考えられる人は必ず仕事のできる人間になる。損得抜きで人に親切にする。
 (心がけよう)

・愚痴、悪口を言わ ない
 (これはまったくもって同感である。)

・組織の命令系統をおかしくする一番の掟やぶりは「上司の頭越し」
 (気を つけたい)

・手柄は上司や同僚に譲る
 (これは少し前考えてたことと同じだ。最近忘れていたので再度心がけたい)

・ 部下の観察ノート
 (面白そう)

・技術人脈マップ
 (真似をしてみたい)

・いい情報が欲しかったら、最 初に自分から発信しないといけない。
 もらったときは必ず感謝する。
 (為になる)

・何か新しいことを学ぶには基礎の基 礎をしっかり学ぶこと

・どんなことにも興味を持って楽しむほうが、人生は楽しい

・「自分の生き方を貫いて出世しないので あれば、諦めもつくが、自分の生き方を曲げて、ゴマをすり、おべんちゃらを言って、それでも出世出来なかったら目も当てられない惨めさだ。評価は他人がす ることであり、それに拘泥したり、一喜一憂してもしょうがない。それより自分の生き方を貫いて、真摯に仕事と向き合って生きていこう。」
 (最近 悩んでいたことの答えと似ている。他人の評価を気にするよりも、自分の生き方なんだ。結局は。)

総論

なぜ勉強をするのか の答えを求めて読み始めた本だったが、別の面で興味が持てた本であった。
内容は為になる部分が多く直ぐにでも取り入れたい内容がいくつかあった。
ま ずは、朝のメール処理を止めること。
メールよりも、直接会って話すこと、電話で話すことを優先すること。
会社の人間観察ノートと技術人脈 マップだ。
早速試してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

ExcelからAccessにデータを貼り付けるときにセル内改行を有効にしたい。

Excelのセルを選択してコピーし、Accessへ張り付けると、Excelのセル内改行がAcess側に上手く反映されません。
改行コードが違うためです。
そこで次の手順で修正出来ます。

1. 追加対象のテーブルを構造のみコピーする

2. コピーしたテーブルにExcelからデータを貼り付け

3. 追加クエリを作成する。追加先テーブルは追加対象のテーブル

4. 改行を有効にしたいフィールドをReplace([フィールド名], chr(10), chr(13) & chr(10))にする。

5. クエリの実行

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年6月 9日 (水)

Ubuntu10.04にjNetHackをインストール

この記事 がどうしても気になり、ゲームをしている暇はないのですが、インストールするだけしてみました。
すごく気になります。
なんだか今のゲームは複雑過ぎるような気がします。
最近はこういった昔のゲームのほうが楽しめるんじゃないかと思います。

インストールした手順です。

jNetHackインストール

1. ここからnethack-343-src.tgzとjnethack-3.4.3-0.10.diff.gzをダウンロード
http://sourceforge.jp/projects/jnethack/releases/

2. 展開とパッチ当て

% tar zxf nethack-343-src.tgz
% cd nethack-3.4.3
% zcat ../jnethack-3.4.3-0.9.diff.gz | patch -p1
% sh sys/unix/setup.sh

3. ソースの修正
• japanease/Install.lnxの内容を参照し、XI18N以外のところを反映
• include/config.hの#define XI18Nの行をコメントアウト
• include/config.hの#define COMPRESSの行を/bin/gzipに修正

4. make

%sudo apt-get install build-essential libncurses5-dev bison flex  
% make all
% sudo make install
% sudo chmod -R g+w /usr/local/games/lib/jnethackdir

5. 端末の設定
• 文字コードをEUC-JPにする

6. 起動

% /usr/local/games/jnethack

参考URL
http://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0115?page=2
http://yahny.tm.land.to/game/install_jnh_ubuntu.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

ASP.NET2.0 AJAX化

ASP.NET2.0でVisualStudio2005を使用してあるシステムを開発しているのですが、AJAXには対応しておらず、毎回PostBackが発生するので画面がチラチラしてしょうがないです。
そこで色々調べていたところ、ASP.NET2.0でも拡張すればAJAXを導入出来るとのことです。
ですが、すでにVisualStudio2005は古くなっており、参考URLのようにはすんなりといきません。
いろいろと苦戦したのですが、ようやく使えるようになったのでメモを残しておきます。

Microsoft ASP.NET AJAX v1.0
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=ca9d90fa-e8c9-42e3-aa19-08e2c027f5d6&displaylang=en

ASP.NET AJAX Control Toolkit
http://ajaxcontroltoolkit.codeplex.com/releases/view/11121

ASP.NET 2.0 AJAX Futures January CTP
http://www.microsoft.com/downloads/en/confirmation.aspx?familyId=4cb52ea3-9548-4064-8137-09b96af97617&displayLang=en

ここからダウンロード

セットアップ手順
1. ASPAJAXExtSetup.msiを起動。画面の指示に従う

2. ASPAJAXCTP.msiを起動。画面の指示に従う

3. AjaxControlToolkit.zipをC:\Program Files\AjaxControlToolkitフォルダを作成し解凍

4. AjaxControlExtenderフォルダ内のAjaxControlExtender.vsiを起動

5. VisualStudioを起動

6. ツールボックスのAJAX Extensionsタブ上で右クリックし[アイテムの選択]

7.  C:\Program Files\Microsoft ASP.NET\ASP.NET 2.0 AJAX Futures January CTP\v1.0.61025\Microsoft.Web.Preview.dllを追加

8. ツールボックス上で右クリックに[タブの追加]

9. 追加したタブにC:\Program Files\AjaxControlToolkit\SampleWebSite\Bin\AjaxControlToolkit.dllを追加

---<以下は、リモートで使用する場合>------------------------

1. C:\WINDOWS\assemblyにC:\Program Files\Microsoft ASP.NET\ASP.NET 2.0 AJAX Futures January CTP\v1.0.61025\Microsoft.Web.Preview.dllをコピー

2. C:\WINDOES\assemblyにC:\Program Files\AjaxControlToolkit\SampleWebSite\Bin\AjaxControlToolkit.dllをコピー

参考URL: http://cs.gogo-asp.net/blogs/naoki/archive/2006/10/23/ASP.NET-_2200_AJAX_2200_-_5EFF_-AJAX-Control-Toolkit-_7E306730A430F330B930C830FC30EB30573066307F30883046300230_.aspx

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »