« 5/14 タスク | トップページ | tail -f を lessで行う »

2010年5月15日 (土)

IS NOT NULLの回避方法

SQLを組んでいるとIS NOT NULLを使用する場面が出てきます。
IS NOT NULLを使用すると処理速度が遅くなると言われています。
そこで回避方法がないか調べてみました。

例) TBL_AからCLM_AのデータがNULLでないデータを抽出する

NOTを使う方法だと、こういうふうにかけます。

SELECT * FROM TBL_A A
WHERE A.CLM_A IS NOT NULL

これをNOTを使わずに書くには、こんな書き方があります。

SELECT * FROM TBL_A A
WHERE A.CLM_A = A.CLM_A

引用元:http://d.hatena.ne.jp/CAMUS/20051106/1131241412

こういう書き方をすると回避できるようです。

|

« 5/14 タスク | トップページ | tail -f を lessで行う »

プログラミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103833/34700964

この記事へのトラックバック一覧です: IS NOT NULLの回避方法:

« 5/14 タスク | トップページ | tail -f を lessで行う »