« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

WindowsXPにTexをインストール

WindowsにもTexをインストールしてみました。
インストールしたのはW32Texというものです。

1. http://w32tex.org/index-ja.html
 ここから簡易インストーラ + 最小インストール + dvipdfm-w32.tar.bz2 + vf-a2bk.tar.bz2 + manual.tar.bz2を任意のフォルダにダウンロード(ここではc:\texにダウンロードしたとする)

2. C:\usr\localフォルダを作成し、texinst2010.zipをそこに解凍(中身のファイルのみ)

3. コマンドプロンプトでtexinst2010 c:\tex

4. ユーザ環境変数のpathにc:\usr\local\binを追加

5. コマンドプロンプトでset path=%PATH%;c:\usr\local\bin

6.次のサンプルをメモ帳で作成( test.tex )

-----------------------------------
\documentclass{jarticle}
\begin{document}

ただいまテスト中。

\TeX

\end{document}
-----------------------------------

7. platex test.tex

8. dvipdfmx test.dvi

9. start test.pdf
   これでPDFが表示されたら完了

参考URL http://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/texwiki/?%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%28Windows%29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

デバイスマネージャーに何も表示されなくなった。 WinXP

パソコンのセットアップをしていたときのことです。
WindowsXP SP1からSP2したとたん、プラグアンドプレイでハードウエアドライバを次から次へと聞かれました。もちろんどのドライバかなんてわかりません。
そのあとデバイスマネージャを見るとデバイスマネージャに何も表示されなくなってしまいました。

解決策を探したところ
ここが参考になりました。

『Windows XP Service Pack 3 のインストール後にデバイス マネージャおよびネットワーク接続に何も表示されないことがある』
http://support.microsoft.com/kb/953791/ja

『Windows XP Service Pack 3 (SP3) をインストールした後にデバイス マネージャでデバイスが表示されない、およびネットワーク接続でネットワーク接続が表示されない』
http://support.microsoft.com/kb/953979/ja

SP 2 でも報告されています。
『Windows XP Service Pack 2 をインストールした後にデバイス マネージャが正常に機能しない』
http://support.microsoft.com/kb/893249/ja

プラグ アンド プレイ機能障害の可能性もあります。
『デバイス マネージャを開いても一覧に項目が表示されない』
http://support.microsoft.com/kb/311504/ja

上記で症状が変わらない場合は MMC の修復を試みてください。
『デバイス マネージャまたはコンピュータの管理ウィンドウを開くときにエラー メッセージ "MMC はファイル C:\WINDOWS\system32\devmgmt.msc を開くことができません" が表示される』
http://support.microsoft.com/kb/914231/ja

上記で症状が変わらない場合は system32 ディレクトリの devmgmt.msc が破損している可能性があります。

他の PC の XP の版が同じものから msc をコピーして送ってもらうなどして、セーフモードで、破損していると思われるものを devmgmt.bak などへ改名して退避させて、置きかえてみてください。

参考URL: http://oshiete1.watch.impress.co.jp/qa4686569.html

私の場合は一番最初の"$%&'()*+"という文字列で始まるレジストリをすべて削除したら解決しました。
見出しがSP3について書いてあるので、今回はSP2を当てただけなので関係ないと思っていたら、なぜか関係してました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

嫌い箸 −箸使いのマナー

ひょんなことから箸について調べることになり、そこで出てきたのが嫌い箸です。
いくつかは知っていますが、こんなにあるとは・・・

「嫌い箸」は箸使いのタブーとされています。
どのような使い方が嫌い箸とされるのでしょうか。

・移り箸 あれこれとお菜ばかり食べつづけることは「卑しい」こととされる。
Uturi_2


・こじ箸 食器に盛った料理を上から食べないで、箸でかき回し、好物を探す。
Koji
・迷い箸 どの料理を食べようかと迷い、料理の上をあちこちと箸を動かす。

・握り箸 食事の途中ですると、攻撃を意味することちなる。
Nigiri

・持ち箸 箸を持ったまま、他の食器を持つ。
Moti

・探り箸 食器の汁物などをかきまぜて中身を探る。
・空箸  箸を一度料理に付けておきながら、食べないで箸を置く。
・受け箸 箸を持ったまま、お替わりをする。
・刺し箸 料理に箸を突き刺して食べる。
Sasi

・涙箸  箸の先からポタポタ落とす。
Namida

・ねぶり箸 箸に付いたものを口でなめて取る。
Neburi

・横箸  二本の箸を揃えて、スプーンのようにして料理をすくい上げる。
Yoko

・かき箸 食器のふちに口を当てて、料理を箸で口の中にかき込む。
・込み箸 口にほおばったものを箸で奥へ押し込む。
・かみ箸 箸先を噛む。
・もぎ箸 口の中のものを箸先でもぎ取る。
・振り箸 箸先についた汁などを振り落とす。
・落とし箸 食事中に箸を床に落とす(落としたら取り替えてもらう)。
・洗い箸 食器の中で箸を洗う。
・直箸(じかばし) 大皿の料理を自分の箸で取り分ける。
・すかし箸 骨の付いた魚を上側を食べたあと、ひっくり返さずに、骨越しに食べる。
・叩き箸 食器や食卓を箸で叩いて合図する。(呼ぶ)
Tataki

・寄せ箸 食器を箸で手前に引き寄せる。
Yose

・渡し箸 食事の途中で箸を食器上に渡して置く。「もういりません」という意味になる。
Watasi

・指し箸 食事中に箸で人を指す。
・せせり箸 箸を楊枝代わりにして歯をせせる。
・くわえ箸 箸を下に置かず、口にくわえたまま手で器を持つ。
・膳越し 膳の向こうにある料理を手で取り上げないで箸で取る。
・掻き箸 箸で頭を掻く。
・立て箸 仏箸ともいわれ、死者の枕元に供える枕ご飯に箸を立てること。
Tate

・拝み箸 両手で箸を挟み、拝むようにする。
Ogami

・箸渡し 箸で挟み上げた料理を別の箸でとったり、箸と箸で料理をやり取りする。
・二人箸 食器の上で二人一緒に同じ料理を挟む。
・違い箸 異質の箸、木と竹の箸を一対にして使う。

こんなにあるとは驚きですね。
全部覚えることは出来るんでしょうか。
子供にしつける前にまず大人からですので頑張って覚えます。

参考文献、図:一色八郎、『箸の文化史』、御茶の水書房、1998年

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

load averageの見方

LinuxやUnixでtopコマンド、uptimeコマンド、wコマンドを実行すると表示されるload average。
これっていったい何なんでしょう。

「load average」は、run queueに入っているジョブ*の数を表しています。run queueとはCPUに割り当てられたジョブが入れられる待ち行列のことで、CPU数が1つのときに「2」と表示された場合、CPUは2つのジョブを実行しています。この平均値が「load average」であり、左から1分、5分、15分間のrun queueにあるジョブ数となります。

引用元:http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0802/22/news074.html

要するに数が多いほどCPUに負荷がかかってるってことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

sqlplus(PL/SQL)でdbms_output.putlineの表示

PL/SQLをsqlplusより実行していると、dbms_output.putlineでデータを表示したいときがあります。
そのときによく忘れるのが、set serveroutput onをすることです。
これをしないと表示されませんので、気をつけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

tail -f を lessで行う

tail -f コマンドはテキストの内容表示を自動更新し追跡してくれるので便利です。
同じようなことがlessコマンドでも出来ます。
lessでファイルを開いたあと、F(大文字)を入力するだけです。
止めるときはctrl+cです。

参考URL:http://memo.jj-net.jp/265

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

IS NOT NULLの回避方法

SQLを組んでいるとIS NOT NULLを使用する場面が出てきます。
IS NOT NULLを使用すると処理速度が遅くなると言われています。
そこで回避方法がないか調べてみました。

例) TBL_AからCLM_AのデータがNULLでないデータを抽出する

NOTを使う方法だと、こういうふうにかけます。

SELECT * FROM TBL_A A
WHERE A.CLM_A IS NOT NULL

これをNOTを使わずに書くには、こんな書き方があります。

SELECT * FROM TBL_A A
WHERE A.CLM_A = A.CLM_A

引用元:http://d.hatena.ne.jp/CAMUS/20051106/1131241412

こういう書き方をすると回避できるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/14 タスク

○オペレーション
○セットアップ情報 異常時の色
○セットアップ情報更新ストアド
○サービスデスク
○ITSM
○図書館
○速読
○学問のすすめ
○新参者
×筋持久力
×ストレッチ
×バランス
○ご飯
○タンブリング
○風呂
○学問のすすめ
○チェイス
×語尾
○話題

実行 13/17
途中 3
完了 10

他のことに時間をとられてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

5/13 タスク

○オペレーション
○機器設定情報
○セキュリティパッチ
○ITSM
×APS再起動
○プラレール
○洗剤
○洗濯
○三銃士
○ご飯
○新参者
○風呂
○学問のすすめ
×語尾
○話題

実行 15/17
途中 2
完了 13

よくできた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

5/12 タスク

トレーニング
 ○筋持久力
 ○ストレッチ
 ○バランス
○セキュリティパッチ
○セットアップ情報
○本の返却
○本のリクエスト
○写真印刷

実行 8/8
途中 2
完了 6

もう少しこの計画メモを参照するようにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

5/7 タスク

トレーニング
 ○筋持久力
 ○バランス
 ○ストレッチ
○お念仏と法事の挨拶
○セットアップロジック
○PI、DCS手順
○ITSM
○卒論ゼミ論の書き方
○論文探し

実行 9/9
途中 4
完了 5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

準備が出来ていない?

いつでも大きな出来事は特に、有無を言わせずいきなりやってきます。
準備万端でやって来てくれればいいのに、なかなかそういうわけにもいかないんですね。

ですので、気付いたら流されるままに過ぎてしまったということは多々あります。
これって、日頃から周到な準備をしておけばある程度は緩和できることなのかもしれませんね。

もっと色々な状況を想定しておかないといけないのかもしれません。私の場合。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

2010年4月 キーワードマップ日記

201004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »