« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月26日 (水)

7つの習慣 目的を持つ

前回書いた記事「人生の目的、エネルギー、そして地図」は自分なりの人生の目的に対する見解です。

今回は7つの習慣に書かれている人生の目的の見つけ方を見てみたいと思います。

車に乗って葬儀の会場に向かった。
そして、飾ってある写真をみると、なんと自分の顔写真だった。
葬儀の一部始終を見ることとなる。
最初に家族のなかからひとり、次に友人の一人、三番目に仕事関係の人、四番目にコミュニティーや自治会、サークルなどの奉仕活動を行ってきたところから一人。
弔辞を述べることとなっている。
ここで深く考える。それぞれの人たちから、あなたの人生についてなんと言ってほしいだろうか。

これがあなた自身の本当の成功の定義なのだ。
それは今まで考えていた成功とはかけはなれたものかもしれない。
名声、業績、お金などは、本当に考えている成功とはなんら関係ないかもしれない。

余談ですが仏教に、死隋念という瞑想があります。
私もいつか死ぬんだよ。いつ死ぬかわからないんだよ。今日かもしれないし、明日かもしれない。呼吸の回数が決まっているのなら、1回呼吸をするたびに死に近づいているんだ。ニュースなどを見て誰かが死んだと報道していたら、私にもありえることだと見る。
他人事ではない。「あなたは死なないと思ってるんですか、誰でも死ぬんですよ」と、
死と向き合ってみるのです。
そうすると一分一秒がとても大切に思えてきます。人生短いんだ。それなのになんでこんなちっぽけなことで悩んでるんだろう。時間がもったいないやと。

これと7つの習慣の自分の葬式で何を言われたいかとは関係ないかもしれませんが、今生のゴールは死にあるんだということです。
ですので目標を立てるにはそこから考えたほうがいいのかなと思いました。

自分なりに、考えてみたのですが葬儀の弔辞で何を言ってもらいたいか・・・・

よくわかんないですね、
死んだらどうせこの世のみんなとも会えなくなるんだし、自分の身体ともおさらばするし、ましてやお金なんてあってもいいもんじゃないし、名声とかも死んだら何かの役に立つんだろうかと考えちゃいますし。しいて言えば、幸せだったよ。とか楽しかったよ。とかそんな程度ですかね。
そうすれば、安心して死ねますかね。この一生、生きてきて良かったなと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

7つの習慣を読み始めました。

以前、勝間さんが紹介していた本「7つの習慣」を読み始めました。
そのときは気になる程度だったのですが、最近の私の考えとwikiで見た内容と妙にマッチングしたんです。その本を読みたくなるってことは、本に引き寄せられているってことです。そこから何を得られるのかはわかりませんが、勉強してみようと思います。

今読んだところまでで気になったポイントを。

状況を変えたければ、まず自分たちを変えなければならない。
(子供に対する親の見方。心の奥底ではどう思っているかということについて)

表面的な成功(才能などに対する社会的評価)ではなく、真の成功(優れた人格をもつこと)が大切。

地図と地図が示している現実の場所そのものとは同一ではない。地図自体が間違っていたらどうしようもない。地図には2つあって「物事のあるがままの姿」を描いた地図と、自分の価値観を映し出す「物事のあるべき姿」を描いた地図がある。私たちはこうした地図をもとにあらゆる経験を解釈している。

自分を変えるにはこの地図を変えなければならない。これをパラダイム転換という。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

盆休みの旅

今回のお盆休みは、ふたたび、あれ!あれ!に泊まってきました。
DSC_0302
毎回いろんな刺激をもらって帰ってくるのですが、今回はあまりオーナーと話す機会がなく残念でした。
それでも、自転車をやるグループや、トライアスロンの山篭りのために一人で泊まってる女性などパワフルな人たちとかかわれたのもいいパワーをもらえました。

何よりもあの自然のクーラーと空気が心を癒してくれます。
DSC_0297

やりたいことに向かって頑張っているとき、人はすごくパワーを発します。
そういう人たちとかかわるということは、いい影響を受けるんです。

DSC_0299

 

DSC_0301

なんていいましょうか、自然と周りを導くというようなそんな感じの。
自分はこれこれこういうことをやっているんだ、すごいでしょと口で言うのはあんまりそういうのは伝わりにくいんですけど、やっている姿が自然と伝わっていくような、自分が好きなことを語っていると伝わっていくような(すごいでしょ調ではなく)そんなふうでありたいなと感じました。

DSC_0335

DSC_0333

DSC_0378 DSC_0203

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

体力についてのフレームワーク

私のフレームワークで作成したコアのところの一つ体力についてフレームワークを考えてみました。

image 

体力は防衛体力と行動体力に分けられます。
さらに防衛体力は次の5つに分けられます。
t1

行動体力は次のようになります。
t2

これらをバランスよく高めることが体力アップには必要だと考えます。
何をするかの詳細なマップ、目的地については今後の検討課題です。

大まかな地図は体力については完成です。
地図がなくてはまっすぐ進めませんし、目的地がなければ途方に暮れます・・・
面倒でもここをしっかり組み立てることが何事においても大切なのではないかと最近感じるようになりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

私のフレームワーク

何か明確な目的を持ちたい、なんとなくではだめだ。
というわけで今自分自身のフレームワークの作成中です。

コアなところは色々と試行錯誤してやっと完成しました。

image

私という存在は、社会の中の一員として存在します。
色々な社会があるわけですが、日本という社会、家庭という社会、
会社という社会、地域という社会、それぞれいろんなところに属しています。
それら社会に少なからずとも影響を与えることになります。

それが働く(社会貢献)というところになります。
働く内容はそれぞれですので、(例えばゴミを拾ったというのだって働いたことになります。)ここでは触れないでおきます。

そして働くためには4つの要素がかかわってきます。
人格、能力、体力、知識。
これらが各目的リストの大分類となります。
ここから細分化されていくわけです。
この中で、人格のみ死んだあとも影響があるものと考えます。

すべての集合が心ということになります。

ということで自分を高める目的というのは人格、能力、体力、知識の4つであることが分かりますし、これら4つを高めるとより多くの社会貢献できるようになります。
社会貢献をするということは、自分への恩恵もあるということを忘れてはいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »