« バッチファイル 英字の小文字→大文字変換 | トップページ | 自転車のアンケート »

2009年3月29日 (日)

親指シフト始めました。

親指シフトって知ってますか?

親指シフトとはキー配列の種類のことです。
ローマ字入力や、かな入力はよく知られていますよね。
他にも色々あって、その中のひとつに親指シフトがあるわけです。
(勝間さんの本「効率が10倍アップする新・知的生産術」で知ったものなんですけどね。)

親指シフトの何がいいかといいますと、日本語の入力を考えられて作られているためキータイプの速度が早いのです。
ここを見てください。
◆入力比較アニメーション◆

どうですか?
ぜんぜん違いますよね?

NICOLA

ここにある親指ひゅんQというソフトを使って親指シフトを始めることが出来ます。
キー配列表を印刷してパソコンの横に置きながら練習しています。
10年以上もローマ字入力をしていただけに違和感がありますが、なんだかパソコンを始めたばかりのことを思い出しますね。
脳もフル稼働している感じです(w

この文章も親指シフトで書きましたが、そうとう時間がかかりました・・・

|

« バッチファイル 英字の小文字→大文字変換 | トップページ | 自転車のアンケート »

ライフハック」カテゴリの記事

コメント

懐かしいですね。
「富士通製ワープロ」のオリジナルだったんですよね。

今でも使っている人が居るとか居ないとか・・・?
「親指シフト」は、日本語の文書を打ち込むだけなら、一番効率的で速いそうです。

投稿: nise | 2009年3月29日 (日) 21時00分

さすが偽さん、ご存知でしたか~
今でも根強い人気があるみたいですね。親指シフト。
まだ慣れないので打ちにくいですが、慣れると楽みたいですね。これ

投稿: ひろさん | 2009年3月30日 (月) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1103833/28858070

この記事へのトラックバック一覧です: 親指シフト始めました。:

« バッチファイル 英字の小文字→大文字変換 | トップページ | 自転車のアンケート »